初めてでも大丈夫オフィスレイアウトのコツはこれ

初めてオフィスレイアウトにチャレンジする場合、最も大事なことは業務の効率がもとのオフィスだったときよりも上向くようにしていくということです。業務効率のいいオフィスレイアウト、そうでないものは確実に存在します。オフィスレイアウトの形はいくつかあり、その業種だからこそ効率のいいもの、そうでないものがあり、いくつかの形を知ることがまずは大切です。その中から業種に合ったもの、業態にマッチしたものを選択することが求められます。また、スペースの配分というものにも理想的な配分があります。隣接させた方がいいもの、そうでないものなど決まっているものもあり、こうしたルールなどを守り、コツをつかむことで、初めてのオフィスレイアウトであっても失敗することなくスムーズに遂行することが可能となります。

オフィスの机のレイアウトは複数存在する

仕事をするうえで机のレイアウトは大変重要な意味を成しますが、その数はいくつか存在します。一般的なものとしてはお互いが向かい合う対向式のものです。コミュニケーションがとりやすいことがメリットですが、プライバシーの問題が取りざたされています。次に学校のような形の場合です。管理のしやすさが特徴ですが、動線の確保の難しさがネックとなっています。背面式はコミュニケーション、プライバシーの確保がメリットですが、管理者をどこに配置するかが難しいのが実情です。他にも左右対称型、最近流行のフリーアドレス式などがありますが、業種によって好ましいもの、そうでないものがあります。個人で仕事をする機会が多い仕事か、チームで仕事をする機会が多い仕事かなどもレイアウト選定では重要です。

現状の不満を調査し反映させることが大事

いくつかあるレイアウトにはメリットもデメリットもありますが、まず大事なことは現状の不満を調査することです。経営者側の立場からもこうした方がやりやすいというものがあるため、そこはすべての人の意見を聞いたうえで最大限配慮する形で反映させることが求められます。中には、執拗に主張する人もいますが、その人の意見だけではなく、多くの人から聞くということが何より大切です。そして、従業員の働く環境を考えることもさることながら、お客さんのスペース、役員スペース、情報管理、リフレッシュスペースなどをバランスよく配置し、ごちゃごちゃにしないということも大変重要です。多くの人がオフィスレイアウトの選定に関与するような仕組みを作り、業務の効率化、スペースの有効活用を実現できるようなオフィスレイアウトにできるかどうかが、この場合では求められます。