経費を抑えて快適なオフィスレイアウトを成功させるコツ

オフィスがどのような形態かという事は仕事の質にも大きくかかわってくることになります。配置が悪いだけでも従業員の動きが悪くなりますし、連携が取りにくくなります。そうなると仕事にもマイナスの影響を与えてしまいがちになるのです。それを防ぎながらより効率を高めるためにはレイアウトを変更することが有効です。今の状態でなんとなくうまくいかない、雰囲気が悪いという事があればぜひ変更を検討してみましょう。もちろん業者に依頼して本格的な改造をすることもできますが、そこまでいかずに自分たちのちょっとした工夫でより働きやすい環境づくりは十分行えます。大掛かりなリフォームになるとその後の変更が出来ませんが、自分たちで変更しやすい形であればまずは試してみてより良い形を模索することもできます。

動線を意識して配置していくことがポイント

どのような形にするのか、図面上で考える前にまずは普段の働き方について見直してみるようにしましょう。一般的に良いとされる席順が逆に人の動きを阻害してしまう事もあります。一人一人の動きを確認し、良くコピー機などを使う人はそこにたどり着きやすい席にする、応対をする人は出入りが見えやすいポイントに席を配置するなど、動きを考えて席の位置を変えただけでも移動にかかる時間を短縮し、よりほかの業務に集中しやすくなります。人が交差して動きにくい通路をなくすという事もオフィスレイアウトを考えるうえで重要です。大掛かりな設備の変更をする前に、まずこうした働き方への配慮をすることで対応できる部分がないか、動線を意識した配置をするという事を考えていくようにしたいものです。

より良いオフィスレイアウトのために

オフィスという特性上、仕事に集中しやすい環境というものが必要になってきます。ただ机を並べているところも多いですが、周りの人とコミュニケーションが取りやすいメリットがある反面、周りが見えすぎることで集中力を欠いてしまうというデメリットもあります。そういった机の配置になっている場合は、机ごとに仕切りを付けるというのもよいでしょう。座っている部分だけが仕切られているような状態であればそれほど圧迫感も感じません。お客様が良く訪れるような場所では、机などに重要書類が出ているのがお客様の目についてしまうかもしれません。こうしたところには少し高めのパーテーションを置くのもよいでしょう。費用としてはそれほど掛かりませんし、後で移動させて使うこともできますから、まずは取り入れてみましょう。