成果を生み出すオフィスレイアウトを考えてみる

オフィスにおける座席や備品の配置をアレンジするのがオフィスレイアウトですが、これはただの気分転換や事業主の趣味といったものではなく、しっかりとした効果を期待できるものです。効果とは成果とも言いかえることが出来るでしょうが、オフィスのレイアウトを少し変更するだけでも社員にはやる気が出るなどの良い影響が出ることがあります。もし現在ある備品の位置を移動させるだけで、また少し費用をかけて新しい備品を補充するだけで成果に繋がるというのであれば、それは経営層にとって非常に魅力的な話になるのではないでしょうか。では具体的にオフィスレイアウトによって生み出される成果とは、またその成果を実現するにはどういった点に注意をすれば良いのか、ここではこれらのことについてチェックしていきましょう。

オフィスレイアウトによって生み出される成果とは

ではオフィスレイアウトによって生み出される成果としてはどういったものがあるのかというと、基本となるのは社員の意欲・効率向上です。例えばこれまでのオフィスが全員個人のブースで作業していて、打ち合わせや質問をするには逐一誰かのブースをノックしなくてはならなかったとしてみましょう。こういった環境で社員同士が円滑に協力できるのかと言われると違うはずです。もちろんこれは極端な例なのですが、オフィスのレイアウトがただ備品を配置しただけだと社員にとっても窮屈な印象を与えることがあり、またそのために作業の効率がダウンすることが非常に多くあります。オフィスレイアウトの変更はまさにこういった意欲と効率の向上をもたらしますから、この成果から人材の流出を防ぎ、ビジネスの成功率を高め、そして利益の向上が目指せるようになるわけです。

成果を出せるオフィスレイアウトとは

さて、それでは先ほど触れたような成果を出せるオフィスレイアウトとは何かですが、これは事業所のスペースなどによっても多少異なるため、ケースバイケースで考える必要があります。ですが最近人気のあるレイアウトとしては、フリーアドレス式と呼ばれるタイプがあります。これは個人が座席を決めて使用するのではなく、どの座席でも自由に仕事が出来るようにするレイアウトです。共同して作業をする必要がある場合には隣の席に座ることができ、また複数の部署にまたがる共同業務であっても柔軟に対応できるのがこのフリーアドレス式の魅力です。また事業所のサイズに余裕がある場合、ミーティングエリアを設けるというのもかなり効果が高いとされています。ミーティングエリアは窓際のようにリフレッシュできる要素がある場所が最適で、リラックスしてミーティングを行うことで、アイディアをより出しやすくし、お互いの距離を近づけることが可能です。とはいえ、こういったレイアウトは社内に十分なスペースが無いと実現が難しいことも多いですから、もし気になる場合は専門業者に相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。